高倉健にあこがれている。

ひとまえでモノマネまで

披露してしまう始末だ。

音楽活動をしている友達、

西川ユウヒスキーくんの

プロモーションビデオに

出演することになった。

セリフはないので、

動きだけで感情を表すことになる。

丸一日の撮影を終えて

わかったことは、

普通の日常だって

ほとんど演技みたいな

ことをしてたんだな、って。

だから

いつもどおりに動いたら、

すべてのシーンが

一発オーケーで終わったんだ。