じいちゃんが畑仕事に乗ってた

スーパーカブを

ゆずってもらったのが

最初のキッカケだった。

それからスーパーカブをずっと

乗り継いでいる。

タフなヤツで、

ちっとも壊れないし、

スーパーカブで走っている時に

ハッとするアイデアが

やってきたりする。

ギアをカチャカチャいれるリズムが

ツボを刺激するのだろうか。

本田宗一郎「俺の考え」という本も読んでみた。

ぼくの、じゃなくて、オレの、ってとこが

カッコいいなぁ。